オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリアと各都市情報 > ケアンズ
ケアンズ(Cairns)

■ ケアンズてどんな所?
ケアンズの概略
オーストラリアのケアンズは日本から最も近く、日本人にとってはオーストラリアの玄関口でもあります。そんなケアンズは今でこそ人口13万人となりましたが、歴史は浅く、西洋人が本格的に訪れたのは19世紀末に砂糖の積出港が出来てからの事となっています。また、ケアンズの主要農作物であるサトウキビは日本人の出稼ぎ労働者が貢献したという一面も持ち合わせています。

また、ケアンズはワーキングホリデー(ワーホリ)や留学の方も含め日本人にとって、とても人気のある街で、退職した方も多く住み、2003年の在豪日本人数は1959人にものぼり、一時滞在者も合わせればかなりの数になります。

また、ケアンズを語る上で外せないのが世界遺産にも認定されている世界最大のさんご礁群のグレートバリアリーフです。このグレートバリアリーフ、オーストラリア東海岸北部2000kmにも渡って続いているとてつもなく大きなさんご礁群です。

ケアンズの語学学校・日本人
ケアンズの位置するクィーンズランド州には大小併せて約40校近い語学学校がありますが、その殆どがブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズに集中しています。また、日本人の観光地おでもある事から、街には日本人・日本語を話せる人が多く、グアム・サイパンと同様の雰囲気があります。

ケアンズでの仕事・アルバイト
日本人観光客が多いので、お土産屋、日本食屋がとても多く、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方もアルバイトを見つけるのは容易でしょう。また、マリンスポーツのツアーガイドなども募集しています。ただし、現地企業となると難しいでしょう。

管理人のコメント
街を歩くと日本人・日本語だらけです。遊ぶには適していますが勉強がメインの場合は相当な気合を入れておかないとあっさりと日本語だけで生活してしまうでしょう。その代わり雰囲気はやはり夏の街なので、かなりバカンス気分を満喫できます。そして意外なのが、ケアンズの海自体は汚くては入れません(郊外は別)。ツアー・クルーズなどに参加してグレートバリアリーフに行かないとさんご礁群は見れませんのであしからず。。。(;゚д゚)
 
ケアンズのビーチ
フィッツロイ島
ケアンズのクルーズ
クルーズツアー


■ ケアンズの基本データ
【人口】
約13万人
【州】
クィーンズランド州(Queensland:QLD)
【時差】
日本より+1時間
【気候】
熱帯雨林気候
オーストラリアの地図

■ ケアンズのマップ


■ ケアンズの気候
 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温
31.8
31.5
30.7
29.3
27.6
25.9
25.6
26.4
27.9
29.7
30.8
31.8
平均最低気温
23.5
23.3
22.6
21.0
18.9
17.3
16.3
16.3
17.7
19.8
21.4
22.8

■ ケアンズへのアクセス
ケアンズの飛行機
日本から
カンタス航空とJALの直行便があります。また、シドニー、メルボルンなどからの乗り継ぎ便もあり、日本からのアクセスも容易です。

オーストラリアから
各州からカンタス航空、ヴァージンブルーなどが主要都市間を結んでいて、飛行機以外にもグレイハウンドなどの長距離バスが各都市間を走っています。

■ ケアンズの交通
ケアンズではバスが主要な交通機関となりますがシティ自体は小さいので歩いて移動する事も可能です。ケアンズを市内と郊外を結ぶバスは3社が運行しており、最も利用するのがマーリンコースト・サンバスで、ケアンズから北にあるマーリンコーストをカバーしています。ケアンズの交通関連のWebサイトは「ケアンズの交通」を参照してください。
ケアンズのバス

■ ケアンズの物価
ケアンズの物価 ケアンズはブリスベン・ゴールドコースト同様にシドニー、メルボルンに比べると物価が安いと言われています。ただし、生活以外のアクティビティなどの料金は観光地価格の為、かなり高額だったりします。。

■ ケアンズの見所
ケアンズの見所はなんと言ってもグレートバリアリーフ。さんご礁を見たいならアウターリーフとよばれる、さんご礁のリーフへ行くツアー・クルーズを利用すると良いでしょう。また、近くにはグリーン島(Green Island)、フィッツロイ島(Fizroy Island)と言った観光名所があります。

なお、さんご礁の上でシュノーケリングをしたいなら、絶対アウターリーフへ行きましょう。島に行くよりもさんご礁群を沢山見る事が出来ます。ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来ている方は1度は行きましょう。「ケアンズの旅行・観光」もどおぞ(・∀・)
ケアンズの見所