オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリアと各都市情報 > メルボルン
メルボルン(Melbourne)

メルボルンってどんな所?

メルボルンの概略
メルボルンはビクトリア州の州都でオーストラリア第2の大都市です。キャンベラが出来るまではオーストラリアの臨時首都としても機能していました。メルボルンは英国調の建物や雰囲気を色濃く残した街で、市内には450もの公園があり、緑が多い事でも知られています。また、2002年と2004年には「世界で最も暮らしやすい都市」として1位を獲得しています。

メルボルンは1837年に開拓移民により建設された街で名前は当時の英国首相メルボルン峡に由来しています。小都市だったメルボルンは1850年代のゴールドラッシュ時に港による貿易の必要性から急速に発展していきました。その後、第2次世界大戦以後は、戦後の混乱が続くヨーロッパ各地からの移民が増加し、現在では160カ国からの人々が暮らしていると言われています。

経済と政治の中心である市内中心部はヤラ川(Yarra River)より北側にあり、碁盤目状に道路が整備され、昔ながらの路面電車(トラム)が縦横に走っています。また、このシティを囲むように様々な公園があります。

メルボルンの語学学校・日本人
シドニーについでワーキングホリデーメーカーが滞在する街でもありますが、シドニーほど日本人は多く無いようです。実際自分が街を歩いてみると、シドニーに比べるとそこまで日本人は見かけなかった様に思えます。また、語学学校は様々な学校があり、シドニー同様、色々な選択肢が多くあります。

メルボルンでの仕事・アルバイト
メルボルンではシドニーほどでは無いですが、それなりにアルバイトの求人も多くみかけます。また、英語力がある程度あれば現地のカフェなどのバイトもあります。ただし、アルバイトでは無く、仕事の求人となるとシドニーの方が圧倒的に多いようです。

管理人のコメント
管理人の印象としては、確かにイギリス調な建物が多く、綺麗な大都市といった感じで、シドニーとはちょっと違う雰囲気でした。また、街は思ったほど日本人が多くなく過ごしやすそうな街ですが、ビーチに関してはシドニーの方が種類・数も多いかなと言った感じです。

メルボルンのタウンホール
タウンホール
メルボルンのセントポールズ大聖堂
セントポールズ大聖堂


メルボルンの基本データ
【人口】
約330万人
【州】
ビクトリア州(Victoria:VIC)
【時差】
日本より+1時間。10月最終日曜日〜3月最終日曜日のサマータイム期間中はさらに+1時間
【気候】
西岸海洋性気候
オーストラリアの地図

メルボルンの地図


メルボルンの気候
 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温
25.8
25.8
23.8
20.2
16.6
14.0
13.4
14.9
17.1
19.6
21.8
24.1
平均最低気温
14.2
14.5
13.1
10.7
8.6
6.8
5.9
6.6
7.8
9.4
11.1
12.8

メルボルンへのアクセス
メルボルンの飛行機
日本から
カンタス空港が東京から直行便を運行しています。または、シドニー、ケアンズ、ブリスベンなどで乗り継ぎ便を利用する方法もあります。

オーストラリアから
カンタス航空、ヴァージンブルー、JetStarなどが主要都市間を結んでます。なお、JetStarを利用する場合は、空港が他の航空会社とは違い、Avalon空港(メルボルンシティから約100km)を利用するので注意しましょう。なお、飛行機以外にも電車、グレイハウンドなどの長距離バスが各都市間を走っています。

メルボルンの交通

メルボルンではメルボルン都市交通(Met)がトラムを運営しています。このトラム、市内では網の目の様に必要な場所へ走っています。ただし、あまり郊外までは走っていない為、郊外には、電車、バスを利用する事になります。

また、メルボルン名物でもあるシティを一周するシティーサークルトラムは15分おき程度に運行されており、無料で乗車できます。

【関連リンク】
・カテゴリリンク「メルボルンの交通

メルボルンのトラム

メルボルンの物価
シドニーよりは安く、パースよりは高いとよく聞きます。生活雑貨に関してはどの都市も大差ありませんが、家賃などはシドニーよりは若干安い様です。しかし、オーストラリアで2番目に大きい都市だけに、他の都市と比べると若干高くなります。

メルボルンの見所
メルボルンは英国調の建物が多く残っており、キャンベラに首都機能を移転するまで連邦会議が開かれた、ビクトリア州議事堂、旧大蔵省であるオールドトレジャリー(Old Treasury)、完成するまでに90年もの歳月を要したセントパトリックス大聖堂(St. Patricks Cathedral)などがあります。また、郊外にはフェアリーペンギンのペンギンパレードが見れるフィリップ島(Phillip Island)、映画「紅の豚」のモチーフになったとも言われる、グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)などがあります。特にグレートオーシャンロードの12人の使徒(Twelve Apostles)は必見。

【関連リンク】
・カテゴリリンク「メルボルンの旅行・観光
メルボルンのグレートオーシャンロード