オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリアと各都市情報 > シドニー > シドニーの詳細
シドニー(Sydney)の詳細

シドニー
シドニーの一般的情報は「シドニー」に掲載しましたが、ここではさらに突っ込んだ情報を掲載しています。なんで、他の都市には無くてシドニーだけあるかと言うと…管理人が住んでいた街だったから情報に事欠かないという、何とも適当な理由だったりします。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

ま、せっかく得た経験なので皆さんのお役に立てれば幸いです。
って事でレッツゴー。

シドニーの治安
日本よりは危険ですが、夜に一人歩きをしないなど基本的な事を守っていれば比較的安全なほうです。ただし荷物などには十分注意する、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生でバイトする際はできるだけ治安の良くない地域は避ける等の注意はしておきましょう。

なお、平日の夜中などに電車に乗ったりすると変な人が多かったりするので、夜中(23時など)はなるべく複数で移動した方が安全でしょう。
シドニーの治安

シドニーで治安の良い所
シドニーの治安 ノースシドニー(North Sydney)などのハーバーブリッジから北側は比較的安全と言われています。また、ミルソンズポイント(Milsons Point)駅周辺は中級階層の人が住んでいるらしく安全と不動産屋の方が言っていました。ただし、家賃の相場は若干高めです。

ただし、シティやその他郊外でも基本的な事に気をつけていれば特に問題は無いでしょう。

シドニーで治安の悪い地域
キングスクロス(Kings cross),レッドファーン(Redfern),リバプール(Liverpool),ポッツポイント(Potts Point),ウルムルー(Woolloomooloo)などがあまり治安の良くない地域として有名です。

キングスクロスは「地球の歩き方」に「南半球最大の繁華街」と書いてますが、実際は結構小さいです。が、それでも土曜日・日曜日の夜はかなりの人で賑わっています。

ここは風俗店が多いせいか、それらしき人たちもウロチョロしているので夜の路地裏には絶対入らないようにしましょう。表通りなら…男数人でいれば大丈夫でしょう。ちなみに、キングスクロス、ポッツポイントは不動産屋も勧められないと聞いた事があります。

なお、レッドファーンにはアボリジニの方が多く住んでいるのですが、この付近はかなり危険です。駅には警官が立っていたりと、用事が無ければ立ち入るのはやめておきましょう。
シドニーのキングスクロス


シドニーのビーチ
シドニーのビーチ 夏に来るならとくにかくビーチへ行きましょう!と言いたくなるぐらいシドニーには大小いれると数え切れないぐらいのビーチが点在しています。また、ビーチの種類も多くサーフィン好きな方向けのビーチ、海水浴やシュノーケリング向けのビーチ、はたまた日本とは一風変わったヌーディストビーチなどといった様々ビーチがあります。

シドニーの家賃
シドニーの家賃の相場は外国と思ったら意外と高く、シドニーのシティ(ダウンタウン)で$250pw〜$300/週ぐらい、郊外なら$180/週〜ぐらいからの物件が多く目に付きます。また、家具付き(Furnished)か、家具なし(Unfurnished)で$20〜$30/週ぐらいは変わってきます。

ただし、家具付き(Furnished) などの場合も、エアコンがあるかは別問題なので必要な方は事前に確認しておきましょう。ちなみに、夏は部屋の中はかなり蒸し暑くなります。。。 なお、個人で家を借りると、上記金額に公共料金(電気・電話)が入りますが、家賃を安く抑えたい場合はシェアをすると良いでしょう。
シドニーの広告

シドニーのインターネット環境
シドニーのインターネット
シドニーのインターネット
オーストラリアではまだダイヤルアップも多く、ブロードバンドは日本と比べるとかなり高いです。しかも、ブロードバンドと言ってもダウンロード容量に制限がかかっていたりと意外と曲者です。その為、実際にワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来る場合はシェアなどの滞在先にインターネット環境があるか確認してみましょう。なお、賃貸をする場合は自分で契約するか、インターネットカフェを利用しましょう。

なお、インターネットカフェはシドニーのシティを歩いていると何処にでもあります。日本語の表示・入力もできる所が多く、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生には強い味方です。

なお、ハイドパーク(Hyde Park)近くのリバプールストリート(Liverpool St.)沿いにあるインターネットカフェ ではユーザーを作成でき、支払ったお金はチャージされるので結構便利です。($2/Hour)

シドニーの交通
シドニー」でも記載しましたがシドニーは様々な交通機関がありバスが主な交通機関となっています。しかし…シドニーと一口に言っても、その面積はかなり広く、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来たばかりで土地勘がない場合は、現地に着いたらポケットサイズの地図を購入する事をお勧めします。管理人はワーキングホリデー到着後はシドニーのダウンタウン+近郊が載っているマップを買いました。郊外が載っていなくても通常の移動ではこれだけでも十分です。($7.50でした)

ちなみに…ガイドブックなどには「バスが発達しているので自動車は要らない」と書いてありますが、ちょっと郊外に出るとさっぱりバス・電車がありません。思わず、これでもホントに要らないのか?この距離歩けと?と思ってしまうぐらい来ません。その為、ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学などでホームステイをする場合…郊外だと不便に感じるかもしれません。1時間に1本もざらです。終バスが夕方の17時半なんて良くわからないバスもあります…(涙)
シドニーの地図

シドニーのホテル・モーテル・バックパッカーズ・ユースホステル
シドニーであればダウンタウン、郊外ともに色々なホテル、モーテルがあります。ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方でモーテルやバックパッカーズに数日泊まって現地の情報を得るのも有効な手段でしょう。

なお、モーテルと言ってもちゃんとセキュリティもついていたり、ぱっとみはホテルに見えるものなど様々。ただし、ダウンタウンのモーテルは郊外より当然高いです。

ホテルやモーテルの予約は「Hotel Club」が安く予約出来ます。

シドニーのゲイ・レズ
オーストラリアはゲイ・レズの方を広く認めていて、街中でもよく見かけることがあります。また、ゲイ・レズの方に有名内地域としてシドニーではオックスフォードストリート(Oxford Street)沿いなどがあり、ここはゲイ・レズのパブなどが多くあります。ちなみに、オーストラリアではオーストラリア人のゲイの方とカップルになると永住権をとれちゃったりもします。なお、3月には世界最大のゲイ・レズ祭り?であるマルディグラもシドニーで開催されます。3月に来る人は必ず見に行きましょう。めちゃめちゃ凄いです。

なお、風俗街としては、キングスクロス(Kingscross)やサリーヒルズ(SurryHills)などの地区が有名で、キングスクロス(Kingscross)に週末行くと、呼び込みのおっさんやらが店の前に沢山立っています。
シドニーのマルディグラ