オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリア入国 > 入国・空港での手続き
オーストラリア入国・空港での手続き

■ オーストラリア入国

オーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)・留学で入国する際に必要な書類はパスポートだけです。ただし、念のため、ワーキングホリデー(ワーホリ)の方はVGN(Visa Grant Nortification)、留学で来る方はVGN以外にも入学許可証(Confirmation Of Enrolment: COE)もすぐ出せるようにしておきましょう。

国際線・国内線の看板
また、シドニーやメルボルン空港で国内線に乗り継ぎをする方は、大抵右のような看板が出ていますので「Domestic(国内線)」または「Transit(乗り継ぎ)」と記載がある方へ向かいましょう。

ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学生としてオーストラリアの目的の空港へ到着後はイミグレーション → スーツケース回収 → 税関 の順になります。


イミグレーション(入国審査)

到着でも乗り継ぎの方でも、最初に到着した空港で入国審査を受ける事になります。ある意味で一番緊張する時でしょう。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

飛行機を降りたら空港の案内に従い入国審査を受けます。なお、大抵の場合はオーストラリア人か外国人の列が分かれているので、「Visitor/Non-Resident」などと書かれている列に並びましょう。自分の番になったら、機内で渡された入国カードとパスポートを審査官に渡しましょう。(もちろん入国カードは事前に記入しておきましょうネ)

ちなみに、管理人がオーストラリアに入国した際も当然ながら 「オーストラリアへの目的は?」、 「滞在期間は?」、 滞在場所は?」などの質問が来ると思ってましたが・・・何も聞かれませんでした。。。まぁ、ここはイミグレーションの人にも拠ると思うので、不安な方は事前に回答を考えておいた方が良いでしょう。

なお、ワーキングホリデー(ワーホリ)で入国される方は、滞在目的について聞かれた場合、「仕事」と答えるのはやめましょう。ワーキングホリデー(ワーホリ)はあくまでも「休暇」が目的の為、「仕事」というと問題になる場合があるようです。

オーストラリアへ入国

オーストラリアへ入国

スーツケース回収
オーストラリアでスーツケースの回収 入国審査が無事に終わったら、次はスーツケースの回収です。乗り継ぎ便の方の場合は荷物は最終目的地まで行く事があるので、その場合はさっさと国内線のゲートへ向かいましょう。スーツケースをピックアップする必要がある方は、空港の案内板(大抵「Baggage Claim」と書いてます)に従いスーツケースをピックアップしましょう。

また、万が一スーツケースが来なかった場合は、日本出国の際に渡される「Baggage claim tag」を係りの人に見せて荷物を探してもらいましょう。

税関

オーストラリアは検疫に厳しい国としても有名で食べ物などを持ち込む際は税関(Customs)で必ず申告するようにしましょう。なお、申告する必要が無い人は、申告不要の列に並んでさくっと通過しましょう。ちなみに、本来は申告しないといけないのに、こっそり通過しようとした場合、運が良いとばれずに通過できますが、ばれた場合は…罰金を払う事になるので注意しましょう(;゚д゚)

ちなみに、申告が必要な方は「DECLARE(申告)」へ、申告が不必要な方は「NO DECLARE(申告なし)」へ進みます。

シドニー空港
申告が必要な物
【食品類】
・調理済及び生の食品と材料
・乾燥及び生の魚や魚介類(寿司及び魚卵を含む)
・乾燥及び保存果物。梅干し(販売用に製造され包装されたもの)
・乾燥及び保存野菜で、漬物や茸類
・麺類やご飯類(インスタントヌードルを含む)
・生や乾燥した海藻、葉、その他の植物で巻かれた食品
・ソース、ドレッシング、調味料
・機内食を含むレトルト食品等の加工食品
・ハーブ、スパイス、漢方薬、伝統薬、治療薬、トニック、ハーブティー
・スナック類、ビスケット、ケーキ、菓子類
・紅茶、コーヒー、ミロやその他の乳性飲料
【動物製品】
・羽、骨、角、牙
・皮、獣皮、毛皮
・羊毛や獣毛
・はく製の動物及び鳥類
・ジュエリーや土産品を含む貝殻類
・蜂蜜、ハニーコム、ローヤルゼリー、ビーワックス等の蜜蜂製品、花粉
・獣医用器具、薬品、羊毛刈りや食肉処理用器具、サドルその他馬具、動物用カゴ、鳥カゴ等の動物関連用具で使用済の物
・ペットフードやペット用おやつ(魚の餌は持込み禁止)
【植物製品】
・塗料の塗ってある物、漆製品、木製品、彫り物(樹皮は持込み禁止)
・植物でできた芸術品、工芸品、骨董品
・植物製マット、バッグ、その他製品、(バナナの葉でできた製品は禁止)
・麦わらを用いた製品及び包装材
・竹、籐、ラタンでできた籠や家具類
・ポプリやココナッツの殻
・種でできているか、種の入った物品
・クリスマス用デコレーション、リース、装飾品(松ぼっくりは持込み禁止)
・ドライフラワー、生花、レイ(茎からも繁殖可能な花は持込み禁止)
【その他】
・動物や植物でできたクラフト類、ホビー製品
・使用済のスポーツ・キャンプ用具(テント、自転車、ゴルフ用具、釣り具)
・土、糞、植物の付着した履物・ハイキングブーツ

持ち込めないもの(禁止項目)
【乳製品】
・卵、乾燥・顆粒状の卵、卵を用いた製品全てで、マヨネーズ、 親子丼、卵粥、中華丼、生のラーメンやエッグヌードル、乾燥卵入り麺、卵入りカップヌードル、卵入りご飯・スープ調味料類を含む
・クリームまたはミルクを含んだソース類、スープ、食品等全ての乳製品、マカロニ、ムサカ、チャウダー、ヨーグルトドリンク、顆粒ココア ドリンク、カルピス、チーズスティック(ただし特定の口蹄疫未発生国 産のものは除く)
・材料の10%以上が乳製品である食品で、乾燥食品を含む。
(同伴乳児用の粉ミルクやニュージーランド産の乳製品は許可)
【肉製品(缶詰以外)】
・全ての種類の動物の肉 - 生、乾燥、冷凍、調理済、薫製、塩漬け、保存肉でサラミ、ソーセージ、ラードを含む
・鶏釜飯の素、麻婆豆腐(鶏肉)
・チャーハンの素、魚肉ソーセージ(ラード)
・肉入りの麺
・中華三昧(ラード)
・とろみハオ麺(豚肉エキス、ラード)
・ペットフードは全て持込み禁止
【動植物】
・一切の哺乳類、鳥類、鳥類の卵と巣、魚類、は虫類、両生類、昆虫、植物、盆栽、挿し木類、根、球根、球茎、根茎、茎、その 他成長能力のある植物やその一部
【種子類】
・小豆、大豆、赤豆等の未調理の豆・種子類
・米、シリアル用穀物、ポップコーン、未加熱のナッツ類、栗、松ぼっ り、粒餌、正体不明の種子類、一部の販売用種子類、果物・野菜の種子
・種子でできた装飾品(ギフト用包装に飾りとして使われる物等)
【果実・野菜】
・リンゴ、バナナ、柑橘類、核果類等、全ての生及び冷凍の果物・野菜

いや〜。。。あらためて見ると凄い厳しい国です。オーストラリア。(;゚д゚)
ちなみに、シドニー空港の場合、無事空港を出たら「Welcome to Sydney」の文字が出迎えてくれます。

シドニー空港を利用する方へのお得情報
長旅で疲れて入国後は直ぐに滞在先へ行きたいところですが、ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学で来る方でシドニー空港を利用する場合、シドニー空港内でやっておくと便利な事がいくつかあります。また、観光で来る方もやっておいてもいいでしょう。

シドニーガイドブックの入手
オーストラリアのシドニーガイド1 ゲートを出て左に3分ほど歩くと、インフォメーションセンターがあるので、そこでシドニー公式ガイドブックを無料で貰っておきましょう。このガイドブックには巻末にシドニーを観光する際の割引券がついてあり、シドニー観光の際に利用できます。なお、英語版・日本語版・中国語版が置いてありますが、英語版の方が割引券が多く付いているので、英語版・日本語版の両方を貰いましょう。(日本語版は6枚の割引券、英語版は12枚の割引券が付いてきます。)
オーストラリアのシドニーガイド2 オーストラリアのシドニーガイド3

携帯電話の入手
これは必須作業では無いですが、元気があったら空港内で携帯電話を購入しておけば、直ぐに家族に電話する事もできます。なお、オーストラリアの携帯電話会社の中でも大手のVodafoneのショップはゲートを出た後、右を向くとすぐあります。プリペイド式なら滞在先がモーテルでもユースでも簡単に購入できます。一番安い携帯電話だと約$90で$30の通話料が付いてきます。携帯電話の購入方法は「携帯電話の購入方法」を参照してください。 オーストラリアの携帯ショップ

荷物預け
シドニーの荷物預かり所 これは、あまり利用する人はいないでしょうが、何らかの理由でどうしても荷物を預けたい場合は、ゲートを出て右に3分ぐらい歩くと、荷物預かり所があります。(電話番号:61-2-9667-0926.)

■ 料金
0〜6時間以内:
Carry On Bag AU$6.00
Bag AU$8.00
Backpack AU$8.00
Golf Bag AU$8.00
Skis AU$12.00
Boxed Bicycle AU$12.00
Surfboard AU$12.00
Loose Bicycle AU$12.00
Wind Surfer AU$12.00
0〜24時間以内
Carry On Bag AU$8.00
Bag AU$11.00
Backpack AU$11.00
Golf Bag AU$12.00
Skis AU$18.00
Boxed Bicycle AU$18.00
Surfboard AU$18.00
Loose Bicycle AU$18.00
Wind Surfer AU$20.00