オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリア入国 > 労働許可
  労働許可(ワークパーミット)

■ 労働許可(ワークパーミット)って何?
ワーキングホリデー(ワーホリ)の方は最初から労働許可が与えられていますが、留学生が取得する学生ビザは労働許可が与えられておらず、学生ビザを取得しただけではアルバイトなどの就労をする事が出来ません。(゚Д゚)ハァ?

中には労働許可(Work Permit)を取らずに働いている方もいるようですが、これは違法です。ばれた場合は強制退去などになる場合があるので、アルバイトをする場合は必ず労働許可を取得しましょう。

なお、取得すると現地で20時間/週までのアルバイトが許可されます。また、大学などの休暇中は20時間の制限無しにフルタイムで働く事も出来ます。


労働許可(ワークパーミット)の取得方法
労働許可(ワークパーミット)はインターネットからオンラインまたは書類(Form157P)を提出する事で申請する事が出来ます。申請料金は$60で、インターネットの場合はクレジットカード、書類での申請の場合はクレジットカード、EFTPOS、マネーオーダー、チェックでの支払いが出来ます。なお、労働許可は学校のコースが開始されてから申請できます。開始前には申請できないので注意しましょう。

労働許可(ワークパーミット)をインターネットで申請する場合
・支払い方法はクレジットカードのみ
・申請するサイトは移民局のサイトのコチラから可能
・入学許可証が必要

労働許可(ワークパーミット)を移民局にて直接申請する場合
・支払い方法はクレジットカード、EFTPOS、マネーオーダー、チェック
・申請するには申請フォーム(Form157P)に必要事項を記入に提出する
・入学許可証が必要

また、申請後に引っ越す予定がある場合や、28日経ってもTFNが送付されて来ない場合は、ATOに電話する事でTFNを電話で教えてくれます。また、事前に電話すればATOのオフィスを直接尋ねる事もできます。ただし、ATOに電話する際は当然日本語は通じませんので、英語で話す必要があります。

■ 労働許可(ワークパーミット)申請後

申請後は数週間で移民局より連絡がありますので、連絡を受けた後移民局へ行ってパスポートを見せればシールビザと同様にシールを貼ってもらえます。なお、郊外などに住んでいる方で移民局へ行けない場合は別途郵送してもらう事も出来ます。しかし、、、オーストラリアの郵送はあまりあてにならないので、出来るだけ自分で取りに行くようにしましょう。

また、労働許可以外にもタックスファイルナンバー(TFN)を取得する必要があるので別途インターネットで申請しておきましょう。タックスファイルナンバー(TFN)は別途「タックスファイルナンバーの申請」を参照して下さい。