オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > 仕事・海外就職 > ワーホリ・留学で海外就職
ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学で海外就職

海外就職の実情
ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生でもオーストラリアに滞在するせっかくの機会なので現地企業で働いてみたい方も多くいるかと思います。しかし、多くのWebサイトでは「現地企業の仕事を得るのは難しい」とか「ほぼ不可能」的な記載を良く見かけます。

管理人がオーストラリアにワーキングホリデーで行った際にはそんな事は気にせず、片っ端からオーストラリアの現地企業のみに絞って面接を受けまくりました。その結果から分かったことですが、ワーキングホリデーでも海外就職は出来ます。大丈夫です。勿論、学生ビザの方でも例えば休み期間中や卒業後にオーストラリアの現地企業で仕事を見つける事だって出来ます。また、このサイトを見たワーホリの方で就職活動し、現地企業に就職したという報告を頂いた事もあります。

実際、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生である以上は、ワークビザのサポートが無ければ制約はありますが、それでも自分はワーキングホリデー(ワーホリ)で現地企業のみで仕事をしていましたし、面接に受かったらワークビザのサポートをしてくれると言ってくれる現地会社も数社ありました。

そして、色々受けたり、仕事をしてみて思うのは、「ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学生の方はそもそも応募していない事が多い」ということです。多分これは、「無理と思っている」とか「エージェントに人・友人に言われた」とか受ける前から「現地会社は敷居が高い」と思い込んでいるからだと思います。事実、最初に仕事をした現地のマーケットリサーチの会社では誰でも受かる様な面接だったのに、ワーキングホリデー(ワーホリ)の方は最初の段階では自分1人でした。

現地企業で働いてみたいと思っているのに、はじめから無理だと思って諦めたり、インターンシップなどにお金をつぎ込んでまで会社で働くよりは、英語を無料で勉強できつつお金も稼げる仕事をしてみるのもいい経験になると思います。また、帰国後の事を考えると履歴書に書けば効果が多少なりともあるでしょう。

なお、現地の会社の面接を受ける事や働くと、以下の様なメリットがあります。

■ オーストラリアの現地企業で働くメリット
【面接を受ける】
・英語での面接に慣れるので日本に帰ってからも英語面接に対抗できる
・ある意味英語の無料レッスン

【現地企業で就職する】
・給料が日系よりいい場合が圧倒的に多い
・フルタイムの仕事であれば、給料はバイトよりも遥かに高い
・英語を使う機会が圧倒的に多いので語学力アップにも役立つ
・社員・派遣社員として働けば当然責任のある仕事を任されることも多く、帰国後も有利

また上記以外にも、現地の会社の契約社員などの場合は基本的に社員と対応は変わらないので、有給・病休などと言った特典も付いてきます。自分もついてきました。はっきり言ってウマウマです。(笑)

■ オーストラリアの現地企業で働く場合の雇用形態
派遣社員 日本の派遣社員と同様に派遣会社を通して企業で働く労働形態です。この場合は派遣会社にマージンという手数料が取られるので契約社員よりは手取りが少ない場合が多いです。
契約社員 現地の企業から直接雇用される形態です。また、派遣会社などのエージェントから紹介社員などとして紹介される場合もあります。この場合は企業と直接、雇用契約を結びます。基本的に社員同様、有給や病休などの福利厚生が付きます。
社員 日本の社員と同様です。ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザや学生ビザの方がその会社の社員になりたい場合は、企業にスポンサーになってもらいワークビザを取得する必要があります。


海外就職の難易度
さて。上の話を読む限りではおいしい話に聞こえますが、海外就職するにはやはり難易度は高いです。まずは英語力が当然必要になります。TOEICはスピーキングのテストが入っていないのであくまで目安にしかなりませんが、管理人が実際に働いた感じでは最低でもTOEIC800点は無いと厳しいでしょう。

また、現地企業で派遣社員や契約社員として働くなら、こちらがワーキングホリデー(ワーホリ)だろうが留学生だろうが向こうにとっては一切関係なく、「相手の言ってることが英語だから分からない」なんて事があったら即その日のうちにクビになる事が多々あります。実際そういう人も見てきました。(まぁ、日本でも日本語が分からない人と日本語を使う仕事は出来ないので、当然と言えば当然ですが)そんな訳なので、仕事中に英単語や文章の書き方の質問なんてとてもできません。ついでに、なんといっても回りは英語ネイティブな方ばかりなので、社内で電子辞書などを使うのは自分の恥部をさらず羽目になるのでかなり勇気が要ります(笑)

なお、管理人の場合、英語よりもコンピューターのスキルが重視される現地企業のIT部門で働いていましたが、同僚はみなオージー、会議も英語オンリーで、ワーキングホリデー時にTOEIC890点ありましたが、はっきり言って思いっきり厳しい思いを毎日してました。想像以上にメチャメチャ辛いです。

その為、オーストラリアの現地企業で一度は働いてみたいという方は必ず、オーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来る前にしっかり英語を勉強しておきましょう。勉強した分、現地でのチャンスは広がりますし、現地に着てから勉強したのでは準備不足になってしまいます。

なお、英語の面接に自信が無い場合はワーキングホリデー(ワーホリ)や留学前に以下の本などを必ず事前に読んでおきましょう。「オーストラリアの面接の質問」でも書いてある通り、大抵聞かれる質問は同じですが、こういった本を読むのと読まないのでは、回答の内容に大きな差が出てきます。

■ 英語面接の対策に役立つ書籍
採用される英語面接 対策と実例集
アマゾンの評価:★★★★★

受かる!英語面接 [CD付]
アマゾンの評価:★★★★★

面接の英語
アマゾンの評価:★★★★★

オーストラリアの就職事情や下調べにはアルクの「海外で働く」が役に立ちました。これから現地での海外就職にトライしてみよう!とか海外で仕事をしてみたい!と思う方は是非一度読むことをお勧めします。

なお、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生でアルバイトを探したい場合は探し方が異なるので、「アルバイトの探し方」を参考にしてください。

■ ビザのステータス
上記に書いた事意外にも難易度を上げさせるのが何と言ってもビザのステータス。現地企業の面接を受けていると、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの為撃墜されるなんて事は日常茶飯事です。これは学生ビザでも同様でしょう。面接に落ちまくれば凹んできますが、コレ気にしないようにしましょう(笑)

また、ワーキングホリデー(ワーホリ)でも6ヶ月までなら働けるので短期の仕事に就けたり、ワークビザのサポートの話が前提で仕事を紹介してくれる現地企業もあります。現に管理人も現地企業のIT部門での仕事をゲットしました。現地企業で働くと、上司・同僚はほぼ100%オージーです。

なお、永住権があるならビザの制限がなくなる分、仕事探しは随分楽になると思います。いつか永住したいと考えている方は永住権取得を先に行った方が色々と楽になるかと思います。

■ 仕事の検索方法・需要
2005年現在、仕事検索のサイトなどで「Japanese」と入れて検索するだけでも結構な数が出てきます。また、以前は減少していた求人数も最近は少しづつ戻って来ていると、あるエージェントの方が言ってました。さて。ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学生で仕事を探す方法としてはこんな感じデス。

■ 就職活動方法
(1) 仕事検索サイトで検索する(Seek.comなど)
(2) 仕事検索サイトに自分の英文履歴書を登録し電話が来るのを待つ
(3) 日系エージェンシーに登録する
(4) 現地エージェンシーに登録する
(5) 日系の新聞の求人欄で探す(日豪プレス、チアーズなど)
(6) 現地の新聞の新聞欄で探す(Sydney Morning Heraldなど)
(7) 日系のWebサイトの求人欄で探す
(8) 知り合いのコネ

大抵のガイドブックや、Webサイトでは、5 と 7の方法を載せていますがこの場合はアルバイトの求人が多く、フルタイムであったり英語が使える仕事は少ないので、フルタイムの仕事を探す場合ははっきり言ってお勧めではありません。実際、自分はほとんど見てませんでした。また、上記で一番強いのはコネだと思いますが、こればっかりはワーキングホリデー(ワーホリ)・留学で来た後直ぐにはできないかと思うので当初は1〜7までが実際にできるところでしょう。

現地企業に就職したい場合にお勧めなのは何と言っても1,2,4,6です。当然、日系エージェントや日系新聞では日系の仕事が圧倒的に多く、現地企業の求人は少ないです。なお、これまた当然ながら、現地エージェンシーや現地の仕事検索サイトを使用した場合、連絡はまず間違いなく英語で電話が来るので気合が必要です。。。ちなみに、エージェンシーのサイトにWebから登録しても一切レスが返ってこない場合もありますが、これは気にしないようにしましょう。。。ヽ(`Д´)ノウワーン

よく見かける求人の内容としては、IT関連だとサポート関連、他にはセールス、マーケティングなどの仕事がちらほらあります。それ以外だと留学カウンセラーやツアーガイドの仕事が多いようです。

■ 経験・能力
オーストラリアでは、日本よりも経験・能力を重視する傾向がある為、いくらオーストラリアの永住権を持っていたり、英語が堪能でもそれだけでは厳しいです。残念ながら、こちらで働いてみて思うことは二ヶ国語ネイティブな人はいくらでもいます。せめて英語+経験・能力が無いとオージーなどのネイティブにあっさりと負けてしまいます。

管理人の場合は、英語が堪能なわけないので、日本語+IT経験+つたない英語で頑張りました。まぁ、日本人なんだし、「日本語」という能力を利用するのもいいと思います。

■ TOEICってオーストラリアで役に立つ?
日本ではTOEICが有名ですが、オーストラリアでは就職活動をする際にはさっぱり役に立ちません(笑)

管理人がワーキングホリデーをしていた当時はTOEICのスコアが890点ありましたが、履歴書にTOEIC890と書いていても、オーストラリアで面接を受けたときには話にすら上がった事がありませんでした。というか、「TOEICって何?」とまで聞かれたこともありました。。まあ、オーストラリアの現地企業の面接を受けると大抵は英語で面接になるのでスコアなんてどうでもよいのでしょう。

それと、オーストラリアでは IELTS の方が有名であり、TOEIC はあまり知られていないというのもあるかも知れません。そんな事で、TOEICのスコアが日の目を見るのは日系企業の面接を受けた時程度です。ただし、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学生で現地企業で働きたい方はTOEICで高得点取れるぐらいでないと、仕事探しにも困りますし、日本に帰った時の事を考えると、高い点数の方が就職活動にも有利になるでしょう。

TOEICの勉強方法については、それぞれ以下のリンクを参照して下さい。

【関連リンク】
英語の勉強(TOEIC470点)
英語の勉強(TOEIC600点)
英語の勉強(TOEIC730点)
英語の勉強(TOEIC860点)
英語勉強のオススメ教材