オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリアの生活 > オーストラリアのバス
オーストラリアのバス

オーストラリアのバスについて
オーストラリアでは電車以外にもバスが重要な交通機関となっている都市が多くあり、都市によっては電車が無くバスのみが交通機関となっている所もあります。また、バスのシステム・運営方法なども、電車との乗り継ぎが出来るシステムになっていたり、シティのゾーンが無料で乗れるシステムになっていたりと、都市によって若干の違いがありますので、利用するバスの特徴をしっかり把握し、最大限有効利用しましょう。

オーストラリアのバス オーストラリアのバス
ケアンズのバス
ブリスベンのバス


オーストラリアのバスの乗り方
以下はシドニーのバスの乗り方について解説していますが基本的にどの都市でも大差はありません。

オーストラリアのバス停
黄色い看板のバス停
時刻表には何番のバスが何時に来るか書いてあるのでしばしちましょう。(書いてないバス停もありますが…)ちなみに、オーストラリアの時刻表は、日本と違ってあてになりません。。。(゚Д゚)ウマー

バスが近づいてきたら立つなりして乗る意思をアピールしましょう。 座ったままだと止まってくれず素通りされます。(なんてこったい。。) ちなみに、オージーは人差し指を立ててアピールします。
オーストラリアのバス停
バス到着
オーストラリアでは基本的に距離に対して料金が変わってくるので、目的地を運転手に伝えて、言われた金額を支払います。

なお、日本とは違いオーストラリアの停留場には一部の停留所以外は名前は無いので、降りる場所が分からない場合は運転手に事前に聞いておきましょう。そうすれば大抵着いたら教えてくれます。
オーストラリアのバス停
バス到着
なお、朝のバスは非常に混みますが、日本の様に1列になって待っている訳ではなく、早く乗ったもの勝ちです。先に待っていたからと譲ると後ろの人に抜かされたりして自分が乗れなくなるなんて事もあります。

シドニーのバス
オーストラリアのシドニーではセクションという単位で区間が区切られており、セクション毎に料金が変わってきます。1セクションは 1.3 〜 1.9キロ。セクション数または運賃が分からない場合は運転手に聞けば教えてくれます。(稀に「何セクションだっけ?」と運転手に聞かれる事があります。。)

ルートマップ・時刻表などは駅などに置いてありますが、Sydney bus infoからPDF版のシドニールートマップを取得できます。また、必ず入手しておきたいのが、「Region Guide」と呼ばれる、地域全体のルートマップです。

これはシドニー(Sydney)周辺を4つの区域に分けており以下の Region Guide があります。もちろん無料です。その中でも主に使うのはシティ周辺が載っている「Eastern Suburbs Region Guide」になると思います。

【ガイド一覧】
・North Western Region Guide
 北西部:North SydneyからParramatta まで
・Northern Beaches Region Guide
 北東部:North SydneyからPalm Beach まで
・South Western Region Guide
 南西部:SydneyからHomebush Bayまで
・Eastern Suburbs Region Guide
 東部:Sydneyの中心部が主なマップ
オーストラリアのバスのガイド

オーストラリアのバスパス また、シドニーの場合、街のコンビニでトラベルテンという10回分の回数券が購入できます。シドニー以外の場合も名称が異なりますが同様のカードが大抵売っており、毎回払うより若干安くなる場合があります。

Traveltenの種類 セクション数 大人 子供
ブルー 2セクションまで $13.60 $6.80
ブラウン 5セクションまで $22.40 $11.20
レッド 9セクションまで $29.60 $14.80
グリーン 15セクションまで $36.10 $18.00
オレンジ 16セクション以上 $44.20 $22.10
Travelten を使用する場合はバスの緑色の機械があるのでそこに通すだけです。
(写真右)大抵は、運転手側と反対側の計2箇所に設置されています。

Travelten を通すと裏に乗った日時などが記録されます。なお、使用回数を過ぎたカードを入れると「ビービー」という警告音?みないなのが鳴ります。

以前に間違えて使用済みのカードを入れてしまった所、音が鳴ってもバスの運転手は見向きもしませんでした。無論、新しいカードを入れましたが…あの時あのまま乗れたのだろうか…などと思ってしまいます。。(駄目ですよ)
オーストラリアのバス