オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > オーストラリアの生活 > オーストラリアの電車
オーストラリアの電車

オーストラリアの電車事情
オーストラリアでの電車の乗り方はは基本的に日本と同じですが、サービスの質は大きく異なります。例えばシドニーの電車を例に取ると、まず時間はさっぱり当てになりません。(;゚д゚)10分遅れは平気であります。(;;゚д゚)また、1日何本かはキャンセルされますし、電車の扉が開いたまま走ったりしている時があります。(;;;゚д゚)

なお、以下は基本的にシドニーでの電車の乗り方ですが別の都市でも大差は無いでしょう。 さらには、こちらには乗り越し清算という概念が無いので乗り越し清算を後で行おうとすると、最悪の場合は罰金になりますので、注意しましょう。


オーストラリアの電車の乗り方

オーストラリアの電車 日本同様、券売機にてチケットを購入します。

購入方法は、日本と異なり料金のボタンを押すのではなく、目的地のボタンを押し、画面に出た料金を入れます。なお、ワーキングホリデー(ワーホリ)で学校に通っている方や留学生の場合は学割があります。
オーストラリアの電車 改札の前に大抵は時刻表があるので、プラットフォーム、電車の時刻をチェックしましょう。 駅によっては改札の外側にしか無い場合があり、改札を通った後にハマッた事があります。。 その場合は駅員さんに聞くのがてっとり早いです。
オーストラリアの電車 チケット購入、プラットフォーム確認後は改札口へ。改札口にチケットを挿入すると、その先からチケットが出てくるのでチケットを取ります。そうすると赤いゲートが開くので中へ入ります。(日本見たいにゲートが先に開くわけでは無い。)
オーストラリアの電車 プラットフォームに着いたら吊るされているモニターで次の電車を再確認しましょう。大抵、遅れてます。。また、到着時刻が着々と増えたり下がったりと変化するのもある意味面白いです。
オーストラリアの電車 電車が着たら後は乗り込むだけです。なお、ゴールドコーストなどの電車は下りる際に、扉のボタンを押さないと扉が開かない事があります。

オーストラリアの電車
NightsafeArea
オーストラリアの電車
夜中の電車
また、シドニーの駅のプラットフォームにはナイトセーフ・エリア(Nightsafe Area)というものがあり、この区間の列車にはセキュリティ(警官)が乗ってきたり、チェックをしてくれます。夜になると路線によってはまったく人が乗っていない場合があるので、安全の為にもできるだけ上記エリアで電車に乗りましょう。

【留意事項】
なお、夜の12時などを過ぎると、ナイトセーフ・エリアと言えども警官が乗ってこない場合があります。夜中に1人で電車に乗るのは危険なので、なるべく避けた方が良いでしょう。(((( ;゜Д゜)))