オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > 日本への帰国 > 持ち物の売却・送付
持ち物の売却

■ 家具類の売却
ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学を終えて帰国すると決まれば、滞在していた時に必要だったけど、日本には持ち帰る必要の無いものなどを売却・破棄しなければいけません。しかし、去る人がいれば来る人もいる訳で、結構色々買い手が多かったりします。買ったときが中古なら同じ様な値段で売れる場合も多々あります。何はともあれ捨てるのは大変だし、勿体無いので帰国前に綺麗さっぱり売ってしまいましょう。


さて、売る方法ですが、これは様々ですが、主な方法は以下の方法があります。

友達に売る
これが一番確実でお互い得をする方法だったりします。が。。。当然タイミングよく見つかるのは困難でしょう。まぁ、友達の友達などもいるので、知人などに色々声をかけておくと思わぬところから買い手が出てくる場合があります。

掲示板に情報をだす
日系のエージェントや、雑貨店に設置されている掲示板に張り紙を出すのも有効な方法です。大学などにも掲示板が沢山あるので色々有効利用して見ましょう。なお、アパートに住んでいる場合はアパートの掲示場やエレベーターに張るのも有効な方法です。

インターネットを利用する
最近結構盛んなのがインターネットの掲示板などを利用して売る方法です。これだとお互いが時間のある時に出来るので結構便利です。実際、管理人も家具などはインターネットを利用して購入しました。これ楽チン。(・∀・)イイ 当サイトの掲示板などもご利用下さい。

■ 持ち物の送付
オーストラリアの郵便局
<郵便局>
オーストラリアの郵便局
<郵便局のサイン>
オーストラリアの郵便局
<送付用紙>
家具などは売却してしまえば良いけど、現地で購入した物(本・参考書・DVD)など売るにはちょっと勿体無い物が色々あるかと思います。が、、、これをスーツケースに入れると意外と重くなってしまうもの。一般的な国際線飛行機のスーツケース重量は25kgです。日本から持ってきた物と現地で購入した物を入れると、これあっさり突破してしまいます。(゚Д゚)ウヘー

そんな時は!帰国前に送ってしまいましょう。送る方法としては近くの郵便局や、日本人向けの送付サービスなどがあります。郵便局の場合は自分で持っていく必要がありますが、エクスプレス便(Air Mail)とノーマル便(Economy Air)の2種類があり、エクスプレス便だと3〜10日、ノーマル便だと2週間〜1ヶ月ほどかかります。当然料金はノーマル便の方が安くなっています。本などの「重くなるけど帰国後すぐには要らない物」はこういった便で送ってしまうと良いでしょう。

郵便局で送りたい場合は、適当なダンボールに入れて、郵便局へ持って行き、日本へ送りたい旨伝えるだけです。後は渡される送付用紙に送付先の住所を書くだけです。(・∀・)カンタン

以下はオーストラリアから送付した場合の料金の目安です。細かく設定されているので、一部を抜粋しました。詳細はAustralia Postから確認できます。

【オーストラリアから日本へ送付する際の料金表】
荷物の重さ Air mail Economy Air
250g〜500g $11.50 $10.50
1kg〜1.25kg $24.25 $21.75
3kg〜3.25kg $50.50 $44.25
6.5kg〜6.75kg $82.00 $70.50
13kg〜13.25kg $140.50 $119.25
19.75kg〜20kg $199.00 $168.00