オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > 生活の準備 > 日本製の電化製品の利用
オーストラリアで日本製の電化製品を利用する
日本では100vの電圧でコンセントは「l l」の形(Aタイプ)をしていますが、オーストラリアでは電圧は240〜250v、コンセントの形状はハの字型(Oタイプ)を使用しています。その為、ワーキングホリデーや留学で渡航する方が日本の電化製品を持ってくる場合、変圧器とプラグと呼ばれる機器が必要になります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)にしろ留学生にしろ、パソコンやら何かしら電化製品を持ってくると思うので、以下の変圧器とプラグは準備しておく事をお勧めします。
 
変圧器とプラグについて
変圧器 オーストラリアの電圧を100vに変換する機械の事です。変圧器にOタイプのプラグが付属していない場合は、別途プラグも購入する必要があります。
プラグ 単にコンセントの形状を日本のl l型(Aタイプ)をハの字型(Oタイプ)に変換するソケットです。利用する電化製品(パソコンなど)のアダプターなどが240v対応の場合は、このプラグだけあればオーストラリアでそのまま利用可能です。一般的にアダプターに何ボルトまで対応しているか明記しています。


オーストラリアのコンセント オーストラリアのコンセント
オーストラリアのコンセント
オーストラリアのコンセント

■ 変圧器
変圧器にも様々な種類があり、一般的に安いものは消費電力(機器が使用する電気)が低く、高いものは賞品電力が高いものになっています。平たく言えば、高いものの方が色々な電化製品を接続することが出来ます。右の例を見ていただくと分かりますが、20wの変圧器だとCDウォークマンや電気カミソリ程度にしか利用できません。

消費電力の例
電気カミソリ:10W
ビデオレコーダー:50W
パソコン:70W
ミニコンポ:100W
ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学でオーストラリアに渡航する方は、どの程度の電化製品を持ってきたいかで変圧器を選びましょう。

変圧器を買う際には、オーストラリアに持ってくる電化製品の消費電力(w)よりも20%程度を上乗せした変圧器を購入しましょう。なお、管理人は100wの変圧器を使用していましたが、これならパソコンや充電器など大抵の製品を利用できました。

定格容量:240V地域で使用時 35W
本体プラグ:Aタイプ
重さ:280g
価格:3,360円 詳細は画像をクリック

【コメント】
35wまでしか使用出来ませんが、安さ重視の方にオススメ。ただし、様々な電化製品を使いたい場合は100w程度の変圧器にした方がいいでしょう。こちらは出力コンセントの形状がAタイプなのでオーストラリア用のOタイププラグも購入する必要があります。また、入力コンセントの形状がCタイプなのも注意です。
定格容量:240V地域で使用時 100W
本体プラグ:Aタイプ
重さ:350g
価格:8,552円 詳細は画像をクリック

【コメント】
全世界対応の変圧器です。これがあればどの国に行っても利用することが出来ます。出力コンセントの形がA型なのでこちらもオーストラリア用のOタイププラグを購入する必要があります。
定格容量:240V地域で使用時 100W
本体プラグ:Aタイプ
重さ:760g
価格:5,400円 詳細は画像をクリック

【コメント】
全世界対応の変圧器です。電圧AC110〜130Vの国で240Wまでの日本の電化製品が使え、電圧AC220〜240Vの国で100Wまでの日本の電化製品が使えます。 出力コンセントの形がA型なのでこちらもオーストラリア用のOタイププラグを購入する必要があります。重さが上記の物よりも重いですが価格が安価です。
定格容量:240V地域で使用時 200W
本体プラグ:Aタイプ
重さ:1240g
価格:5,980円 詳細は画像をクリック

【コメント】
全世界対応の変圧器200Wにまで対応している優れものです。結構重いですが…。タコ足で複数の機器を使いたい場合にはいいかもしれません。なお、こちらもAタイプの為、オーストラリア用のOタイプのプラグを購入する必要があります。


■ プラグ
オーストラリアでは前述の通りOタイプと呼ばれるプラグを使用しています。海外旅行などをよくする方はオーストラリア以外の国でも利用できるようにマルチタイプ(変形ができる)のプラグを持っておくと、今後いちいち買いなおす必要が無いので便利です。

シンプルなOタイプの変換プラグです。日本の形状(Aタイプ)をオーストラリアの形状に返還します。管理人もこれを1つ買いましたが、結局1つでは足らなくてオーストラリアで$20だしてマルチタイプも購入したので、1つぐらい余分に持ってきた方がいいかもしれません。

価格:367円 詳細は画像をクリック
マルチタイプの変換プラグです。これ1つで日本、オーストラリア以外にも世界中の形式に対応します。結構おもちゃみたいで面白いです。

価格:1,950円 詳細は画像をクリック