オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > 生活の準備 > 携帯電話の購入方法
オーストラリアの携帯電話の購入方法
ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方が生活するのには携帯電話はほぼ必須アイテムでしょう。また、仕事を探すにしろ家を借りる際にも携帯電話は必須です。(家を探す際にこれが無くて最初のほうはとにかく苦労しました)。オーストラリアで有名な携帯としては、Vodafone, Optus, Telstra があり、また、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学の方の為に、ニッテル などの日本人向けのレンタル携帯電話もあります。オーストラリアの携帯電話には主に3種類のタイプがあります。


携帯電話の種類
一般携帯電話 携帯電話を購入し、基本料金と使用した分を支払うタイプ。(日本で大多数の人が借りているタイプ)。ただし、このタイプの携帯電話はクレジットカードが必要だったり、契約上の問題からワーキングホリデーの方では借りる事が難しいです。
レンタル携帯電話 携帯電話を借りて、使用した分に対して払うタイプ。プランにもよりますが、通話料以外にも基本料金が発生します。特徴としては日本から申し込みができ、事前に電話番号を取得できるので家族の方などに前もって知らせておく事ができます。
プリペイド式携帯電話 プリペイド式携帯電話を購入し、利用するタイプで、ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方も多く利用しています。利用する際は、リチャージカードというカードを購入し、事前に支払う必要があります。電話機の購入は、店頭または郵便局など様々な場所で購入する事ができ、リチャードカードは街のコンビニなどで購入できます。

携帯電話の値段や通話料以外にも考慮したい点として、相手側の携帯電話の会社があります。というのもオーストラリアの携帯電話には大抵の場合、同じ携帯会社間での会話が無料になるという「無料通話」時間がついてきます。その為、かける相手の持っている携帯も考慮入れて購入しましょう。管理人の周りのオージーの間では当然ながら日系の携帯電話を持っている人を見たことが無く、大抵、VodafoneかOptusを利用していました。

また、プリペイド式の携帯電話をリチャージしたい場合は、街のコンビニ、店頭などでリチャージ用のカード(レシートの場合もあり)を購入し、指定された電話番号へ電話(Vodafoneの場合は1511)し、PIN番号を入力する事でチャージが完了します。リチャージカードを購入する際には店頭で$30分とか$60分を下さいと伝えれば購入できます。

■ 携帯電話・リチャージカードの購入
プリペイド式の携帯電話ならワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方の場合などでもパスポートがあれば問題なく購入できます。また、家が無くてもモーテルなどの住所を書けば簡単に購入できます。その場合は家が決まった後に住所の変更をしておきましょう。

なお、リチャードカードには通常の$30分などのリチャージカード以外にも、$49で$230分の通話料が含まれているカードなど様々な種類があります。(Vodafoneの場合はValue Bundles と言います)。よく電話を掛ける人はValue Bundlesなどを利用するといいでしょう。こちらも店頭でValue Bundles名を言うだけで購入できます。

詳しくは携帯会社のサイトに掲載されていますが、Vodafoneの場合は$49のValue Bundle は Maxi Cap などと呼称がついています。なお、$49で$230分の通話料というと凄くお得な感じがしますが、欠点としてはこのBundleの有効期間は1ヶ月のみです。1ヶ月経った場合は未使用分は全て利用できなくなります。その為、あまり電話を利用しない方の場合は、$30などの通常のリチャージカードを購入すると良いでしょう。

<リチャージカード>
<リチャージカード>